サラリーマンより高い? 看護師の平均年収

看護師がいくらやりがいのある仕事といっても、
働く上での切実な関心事は、給与面での待遇だろう。
看護師といえばあまり所得の高くないイメージがあるかもしれないが、
結論から言うと、医療職の国家資格である看護師は、収入面でかなり恵まれた職業だ。

数字を見てみよう。

日本の全労働者の平均年収が400万円前後を推移しているのに対し、
2014年度の看護師の平均年収は473万円で、月収にして約33万円、賞与は80万円近くある。いわゆるサラリーマンを大きく上回っているのだ。

初任給も、地域や病院の規模により差はあるが、同年代の平均よりも高めだ。

栄養士や作業療法士、臨床検査技師など、ほかの医療職と比べても、
夜勤手当がつく看護師の収入は高い傾向がある。

仕事を見つけやすいというメリットもある。
多くの都道府県で看護師は不足しているため、求人も多く、
働く意欲があるのに職に就けないということはほとんどない。

看護師免許を持っていれば、日本全国どの土地に行っても、
安定した、かつ収入のよい仕事を確保しやすいといえる。

※週刊朝日MOOK「看護師になる」より抜粋