サラリーマンより高い? 看護師の平均年収

看護師がいくらやりがいのある仕事といっても、
働く上での切実な関心事は、給与面での待遇だろう。
看護師といえばあまり所得の高くないイメージがあるかもしれないが、
結論から言うと、医療職の国家資格である看護師は、収入面でかなり恵まれた職業だ。

数字を見てみよう。

日本の全労働者の平均年収が400万円前後を推移しているのに対し、
2014年度の看護師の平均年収は473万円で、月収にして約33万円、賞与は80万円近くある。いわゆるサラリーマンを大きく上回っているのだ。

初任給も、地域や病院の規模により差はあるが、同年代の平均よりも高めだ。

栄養士や作業療法士、臨床検査技師など、ほかの医療職と比べても、
夜勤手当がつく看護師の収入は高い傾向がある。

仕事を見つけやすいというメリットもある。
多くの都道府県で看護師は不足しているため、求人も多く、
働く意欲があるのに職に就けないということはほとんどない。

看護師免許を持っていれば、日本全国どの土地に行っても、
安定した、かつ収入のよい仕事を確保しやすいといえる。

※週刊朝日MOOK「看護師になる」より抜粋

1年目で年収500万円超え “高学歴看護師”急増のワケ〈週刊朝日〉

手堅い就職につながる資格が取れると人気のメディカル系学部。
なかでも熱い視線が集まるのが、看護系学部だ。
過去25年間で大学数、定員ともに激増した。
人気の秘密はどこにあるのか。
週刊朝日MOOK「看護師になる2016」から人気のポイントを紹介する。

看護系の学部・学科では新設ラッシュが続く。
昨年は15大学、今年も6大学が新設。
過去を振り返ると、
1991年度には看護系の学部・学科を設置する大学はわずか11大学、定員は558人だった。
それが現在は246大学、定員は38倍超の2万1394人となっている。

以前は、看護学というと、専門学校や短大で学ぶ学生がほとんどだったが、
なぜ、4年制大学の学部・学科が増えたのだろうか。

まずは制度的な背景が挙げられる。
92年に、高齢化による看護師不足を受けて、
「看護師等の人材確保の促進に関する法律」ができ、
文部省(当時)も「看護系大学の整備充実を一層推進していく必要がある」との指針を発表した。

さらに、高学歴看護師のニーズの高まりがある。
医療ガバナンス研究所理事長の上昌広さんは説明する。

「医師、看護師、薬剤師、検査技師らがチームを組んで医療にあたる『チーム医療』では、患者に密接に関わる看護師が果たす役割は大きくなります」

それぞれの持ち場で役割を果たす従来型の医療からチーム医療へ変化したことで、
看護師に求められる医療知識や技術、判断力などが、より高度になってきているのだという。
さらに上さんは、「高学歴看護師が増えると患者の死亡率が下がる」というデータを挙げる。

「ヨーロッパ先進9カ国の300病院の調査によると、
大卒以上の看護師の割合が高いほど、外科病棟や救急病棟に入院した患者の入院後30日以内の死亡率が低くなっているのです。米国でも同様の研究結果が出ています」

高学歴看護師の増加が、医療の質の向上につながっているということだ。

看護系学部の人気は、こうした社会的ニーズの高まりに加え、
就職市場での盤石の強さにも支えられている。星槎大学大学院教育学研究科の児玉有子准教授はこう話す。

「看護師は国家資格だから、全国どこでも求人があります。
一定期間働いていると、出産や育児で一時的に休んでもまた復職しやすいのも人気の秘密です。
特に看護師が不足している東京都では、
夜勤手当があると、1年目から年収500万円を超える看護師もいます」

これは一般的な会社員の年収(415万円、2014年国税庁調べ)よりもはるかに高い。
さらに専門看護師や認定看護師などの資格を取得してキャリアアップすると、
収入もアップ。副院長クラスの看護師になると、年収1千万円を超えるケースもあるという。

※週刊朝日  2016年5月20日号より抜粋

看護師求人・転職情報サイトの役割と特長は?

看護師求人・転職情報サイトって、どんなサービスなのでしょうか?

  「利用しても、損は無いのかしら?」
  「なんで、ここまで親切にしてくれるの?」
  「どういったメリットがあるの?」

そういった疑問が起こるのは、当然のことです。

今回は、当サイトでも人気の看護師求人・転職情報サイト「看護のお仕事」より、
こういったサービスの役割や特長とは何なのか?を聞いてみました。

看護のお仕事広報より
私たちは、転職したい看護師と、看護師を新たに雇用したい事業所(病院やクリニック、介護施設など)との間に立って、双方に向き合っています。
 看護師さんにとってみれば、情報収集、面接の日程調整や条件交渉などを代わりにやってもらえたり、キャリアコンサルタントが相談に乗ってくれるという大きなメリットがあります。
 また、人気で応募が集中するため一般には公開されない、「非公開求人」と呼ばれる好条件の求人を紹介してもらえるようになります。
 事業所にとっても、第三者視点での求職者に対する評価を聞けるため、「マッチングがうまくいきやすい」「求職者に対してのアプローチが楽になる」などのメリットがあります。
 あと、当方は厚生労働大臣許可をいただいていますので、ご安心ください。

イラストで説明すると下記のような感じです。
Image40000-700

なるほど、転職活動を全面サポート!という看板に偽りは無さそうですね。

あなたの代わりに、全力交渉。
どうやら、利用しない手はありませんね。
転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】




じゃあ、どこで儲けているの?という話
では、看護のお仕事さんは、どこで儲けているの?と不思議に思われたと思います。
会社として利益を出さなくてはいけないのは当然の話で、誰からもお金をいただけない・・・のでは、それはボランティア団体です。

採用の後、病院やクリニックから報酬をいただいています-

カラクリなんて、大袈裟なものではありません。
当然と言えば、当然の話ですが、優秀な人材(人財)であるあなたを紹介してもらった病院側が、お礼として報酬を支払うわけです。

普通過ぎて、ガッカリしました?

でも、看護のお仕事が凄いのは、ここからなんです。

折角、雇い入れた看護師さんが短期間で辞職する・・・なんて事態が無いわけではありません。
実は、看護のお仕事では、紹介した看護師さんが早期退職してしまった時のために、病院側に返金期間を設定しているのです。

そう!
だから、マッチング(看護師であるあなたと病院・クリニックとの相性)に心血を注ぐのです。

自分たちがしっかりとマッチングさえ出来れば、誰も損をしない-

そういった心構え、気構えが出来ているからこそ、
看護師さん側にとっても、病院・クリニック側にとっても、
信頼されるポジションを築かれたのだな、、、と、私も頭が下がるばかりです。

なんだか、胡散臭いなぁ・・と思っていた方も、納得していただけたかな?と思います。

反省隊m(・ω・`)m(´・ω・`)m(´・ω・)m参上

更に詳しく解説した業界裏話は、こちらからご覧ください。
 ↓
業界裏話-看護師求人・転職情報サイト

看護師求人・転職サイト【看護のお仕事】ココが凄い!

ef384ec7adf00c35693b8b1af6db2dfd_s-500
看護師さんの求人情報や転職情報を扱うサイトの中で、断トツで人気なのが「看護のお仕事」。

今すぐ転職したい方も、
ゆくゆくは、、、と考えている方も、
転職する時に「看護のお仕事」を利用してみたくなっちゃうポイントを整理してみたいと思います。
転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

失敗しない転職のために看護のお仕事が選ばれる理由とは?

 全国13万件以上の病院情報数だから凄い!
看護のお仕事は、全国13万件以上の病院情報を保有しています。

これは数ある転職サイトのなかでも最大級の情報量。
だから、あなたへの多彩なご提案が可能です。

 求人リクエスト機能が凄い!
あなたが希望する就業先に公開求人がなくても、
キャリアコンサルタントが代わりに求人の有無の確認、雇用の交渉
を行います。

 病院との交渉をお任せできちゃうから凄い!
1人で転職するときに難しいのが、給与や福利厚生などの、待遇面での交渉です。
あなたの代わりに、給与や休日などの交渉も致します。

 全国展開なのに地域密着型なのが凄い!
看護のお仕事では、地域ごとに専任の担当者が決まっています。

担当の地域の交通情報などにも精通しているので、
病院の条件だけでなく、
通勤時間や周辺のお店など、細かい配慮の行き届いたサポートが可能です。

 転職後にも相談OK!なのが凄い!
転職は、内定を取ったら終わりというものではありません。
働き始めてからも、新たな悩みを抱くこともあるでしょう。

そういった方のために、転職後のトラブルやお悩みに関するご相談にも対応させて頂いております。
df90ee4a87dfadb7c6977ca2d7af7ec0_s-500

看護のお仕事-実際にサイトをご覧ください

「ね、凄いでしょ?だから、登録しましょう!」なんて、乱暴なことは言いません。(笑)

先ずは、
  ・実際にどんな求人情報があるのか?
  ・あなたがお住まいの地域に、今より高待遇な医院があるのか?
  ・気になるあの病院は、今、求人を出しているのか?

・・・なんてことを、
ご自分の目で気軽にチェックしてみてくださいね。

なぜ、数ある看護師求人・転職サイトの中でも常に人気があるのか?
その理由が、サイトを見ていただければ、ご理解いただけると信じております。
転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】